たくなくの雑記帳

思ったことを書き留める雑記帳

好きなことを書いてみる①:仕組みの考察

少し前にこんなツイートをしてました。

 というわけでこのあたりの話を雑にしていこうと思うのです。5個挙げてたのでとりあえず5日分の雑記ネタになる。

 5個目もありますが、あとで追加したのでここには出てきません。お楽しみに。(ツイート辿ればわかるけど)

仕組みの考察

 改めて思うんですけど、「好きなことなんですか?」って聞かれて、「そうですね...仕組みの考察ですね...」って言われたらめっちゃビビりますよね。
僕はいまビビってます。やべぇやつやんけ🙄

まぁしかし思い浮かんでしまったものは仕方ない。

好きです、仕組みの考察😏

当然、まともな仕組みも好きなんですが、ここではTwitterで例に挙げたようなおかしな仕組みについてちょっと触れます。

「近所の店が配ってる景品を高値で買い取る謎の店」

好きな仕組みその①。

いわゆる三店方式と呼ばれているスキームで、これによりパチンコは換金を行っていないとされるもの。

パチンコ店の景品に謎の札があり、なぜかパチンコ店の周辺にはその札を高値で買い取る謎の質屋があるとか...。

「換金所はどこですか?」

「よくわかりませんが、皆さん店を出て右手に歩いて行かれますよ」

などというやりとりがあるとかないとか...。ユーモラス。

「毎日店員と客が恋に落ちる店」

その②

まぁ、はい。そういうスキームです。物は言いようですね。恋に落ちるなら仕方ない。

「???」

この並びで語ったとき、3つ目に並ぶスキームは何がいいかと長年考えているんですが、なかなかこの2つに並べるユーモアを持った仕組みが見つかっていない感じです🙄

「当然に存在すると思われているのに、公的には存在しないとされているもの」

って意味だと何があるかな...?

いいとこまでいってるという意味では、「アロマは医薬品ではなく雑貨である」というのも中々いい感じでしたが、少し至らない感覚があります。

なにかあったらぜひ教えてください🤔